オリジナル小説&エッセイ


by 1000megumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

桜幻 17

 これまで周りに気を遣って常識的なことをしていたが、もう、どうでもよかった。
 母・春菜とは分かり合えないことはわかったし、血を引いていても相成れない他人であると実感した。
 だから、遠慮はしない。
 受け入れられなければ受け入れなければいい。現実逃避でも何でもすればいい。心が壊れても、受け入れられない弱い心が問題なのだ。
 まどろっこしい方法は止めて、手っ取り早く、カタをつけることにする。
 春乃は母親と決別したのだ。

「くっ…」
 陸海の腕を取ると、春乃は捩じり上げた。
「春乃! 止めて!」
 その小さな身体のどこに力があるのだろうか。
 陸海は苦悶の表情だ。
「お願い! 止めて!」
 春菜の悲痛な叫び声を無視して、さらに力を込めた。
「ッ…」
 逃れようと陸海は足掻いたが、拘束が緩むことはなかった。足掻けば足掻くほど、ギリギリと指が食い込む。
 近くの桜の木まで無理矢理歩かせると、春乃は陸海を桜の幹に押し付けた。
「陸海社長」
 艶やかな笑顔で力を込めると、陸海の身体は桜の幹に飲み込まれた。
 顔半分と右肩、足が幹からはみ出している、現実にはありえない光景に、春菜は青ざめて立ち尽くしていた。
「気分はいかが?」
 手を離した春乃がスクスク笑いながら問いかけてくる。
 陸海は答えられなかった。
 恐怖に脅え、目を見開いて春乃を見ていたが、その瞳には何も写っていない。闇が広がっている。
 ありえないことに完全にフリーズしていた。
「ごきげんよう」
「イヤーーーーーーーッ」
 春菜の絶叫が桜林に響き渡る。
 それが、陸海が最後に聞いた声だった。
 陸海を飲み込んだ桜は、枝先に蕾をつけ、膨らむ。
 陸海の身体はみるみる肉が削げ落ち細くなる。
 膨らんだ蕾は開花し、枝を薄紅色に霞ませた。
 幹から引きずり出しされた陸海は、骨と皮に成り果てていた。まるでミイラだ。
 その上に、陸海から吸い上げた栄養で咲いた桜の花びらが、ハラハラと舞い落ちた。

「凄いものを見ちゃったなぁ」
 座り込んで呆然と涙を流す春菜の後ろから現れたのは、杉原とその父親の部下。
「いつから見ていたのかしら?」
 笑顔の春乃は凄みを増していた。
 これが春乃の本質なのか…と、杉原は見つめた。
(敵にはしたくないなぁ)
 かなう相手ではない。逆なでするようなことはするべきではないだろう。
 杉原は春乃の隣に立つと、靴の先で陸海を突っ突いた。
「これどうする? こっちで始末しようか?」
 杉原の申し出に少し警戒心を解いて首を振った。
「あてがあるのか?」
「考えがあるの」
「おまえの考えって恐ろしそう」
「あら? 楽しい考えよ。センセーショナルでマスコミが飛びついて、お茶の間の話題提供」
 瞬時にクールダウンした春乃の笑顔は、いつもの笑顔で杉原はホッとした。
 ほどなくして呼び出されてやってきた狭間に、誰にも見咎められず、社長室の椅子に陸海を座らせてくるように春乃は指示した。
 ミイラのように骨と皮の固まりなり軽くなった陸海を担ぎ上げて、狭間は去った。
「で、今後の予定は?」
「もちろん、水ノ宮の理事たちを変死させつつ、陸海の家に戸籍謄本片手に乗り込む」
「戸籍謄本片手に?」
「遺産ちょーだいって、ね」
「遺産って…」
「陸海に認知されているから」
「…………マジかよ」
 ため息とともに脱力した杉原を春乃はじぃーっと見つめた。
「何?」
「平然としているなぁと思って。普通、ヒクでしょ?」
「そりゃ~、愛でしょ」
「ふーん、愛ねぇ」
 いったん流したが。
「愛ぃぃぃぃぃ?」
「そこまで驚くことないだろっ」
「ある意味、豪胆? 無謀? 悪趣味?」
「おまえなぁ~」
 言いかけたが杉原は何も言わずに、春乃の髪の毛をぐしゃぐしゃとかき混ぜた。




次へ

戻る

目次
[PR]
by 1000megumi | 2008-10-06 10:04 | 小説 桜幻(完結)