オリジナル小説&エッセイ


by 1000megumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

桜幻 11



 それにしても何かが引っ掛かる。
 彼女は私にどうしろと言いたいのだろうか? 彼女は何を望んでいるんだろうか?
「君は言ったね。華櫻と契約を済ませれば何も心配することはないと。つまり、華櫻と契約を済ませれば、私の好きにしていいということだ。違うかね?」
(今日はこれで終わりだな)
 春乃は外を見たまま口の中で呟いた。
 陸海も必死ね。そんなにお母さまを助けたいのかしら? 私はお母さまがどうなろうとかまわないけど…。
「今日はこれで失礼します」
 颯爽とドアまで歩き、芝居掛かった仕草で立ち止り振り向いた。
「近いうちに素晴らしいプレゼントをお届けしますわ」
 春乃は蠱惑的な微笑を張り付かせていた。

 二日後の午後三時頃。
 速達と赤いハンコを押された郵便物が陸海の元に届いた。
 表には細い几帳面な字で、住所と会社名、それから陸海代表取締役殿と書かれてあった。
 裏には『桜』と書かれていた。
 封筒の中身は書類だった。その表紙には『雪村明博に関する報告書』と書かれており、その内容は陸海との係わり合いを重点的にまとめてあった。雪村は現在の建設大臣である。陸海と雪村はあることが発覚すれば、仲良く塀の中へ押し込められる関係だ。
 一通り目を通した陸海は書類を引き出しにしまうと電話に手を伸ばした。
「狭間を寄越してくれ」
 すぐに狭間はやって来た。
「お呼びでしょうか?」
「先日の少女を覚えているな?」
「桜城春乃ですね」
「そうだ。悪いが調べてくれ。彼女の交友関係は特に念入りに」
「わかりました」
「狭間。このことは内密だ。いいな」
「はい」
 直立不動で答える狭間に一つ頷くと、狭間は目礼して部屋を出て行った。
 陸海は引き出しから先程の書類を取り出し、また読み始めた。
 すると、内線のコールが鳴り響いた。
 三回目で受話器を取り上げた陸海は、それを聞いて一瞬顔色を変えた。
『いかがいたしましょう』
「つないでくれ」
 何の迷いもなく陸海は言った。
 後に引けない。
 陸海にはこれだけは譲れないものがあった。
 それを守るために、自分は動き出したのだから、たとえ人に何と言われようと、たとえどんなことになろうと、止められない。
 敵対するのが自分の娘であっても、愛しいあの人の娘であっても。
(自分は戦うのだ)
 相手を子供だと思わない。自分の娘とも。情けをかければ、こちらがやられる。相手は自分と同じだ。弱いところを平気で攻める。弱点を見逃すほど甘くない。これは遊びじゃない。ビジネスだ。
『陸海社長ですか?』
「ああ、そうだ」
『プレゼントは気に入っていただけましたか?』
「悪いが私は忙しい身でね。用件だけいってくれないか?」
 くすくすと笑い声だけがした。
 小バカにしているような、とても楽しそうな笑い声。
 その声が止むと。
『陸海社長。私がどこから電話をかけているかわかりますか?』
「――――」
『ここからは社長の姿がよくみえますわ』
 暑くもないのに陸海の額に汗が浮かんできた。
『ただし、後姿ですけど…』
 向かいのビルか…。
 向かいのビルのどこにいる。
『狭間には私のことを調べるように命令したようですけど、無駄なことをしますね』
「――――」
『それより、またお会いしたいのですが、よろしいですか?』
「――――」
『だんまり、ですか? それはそれで私は別にかまわないけど…。陸海社長にはお金と地位と権力がありますが、それを失ったら、貴方の大切な人を守ることが出来なくなると思いますよ。よく考えてください。――また、お会いしたいのですが、都合の方はいかがですか?』
「いろいろ忙しくてね。来週の木曜日ならいくらか空いているが」
『来週の木曜日ですね。時間は?』
「八時過ぎなら…」
『八時過ぎですね。携帯電話はお持ちですよね。来週の木曜日、八時過ぎに連絡入れます。ごきげんよう』
 陸海の返事を聞かずに、電話は一方的に切れた。


次へ

戻る

目次
[PR]
by 1000megumi | 2005-08-26 20:29 | 小説 桜幻(完結)

桜幻 10



 三秒チェックを済ませた春乃は、上品に微笑んだ。
「桜城春乃と申します。母が大変お世話になっております。アポイントもなしに伺って、ご迷惑と思いますが、少しお話を伺いたくて――私にはとても重要なことですから、本日参りました」
「そうですか。まぁ、コーヒーでもどうぞ」
「いただきます」
 コーヒーは好きではないが、勧められたのでとりあえず春乃は飲むことにした。
 一口飲んで、不味いっ! と、春乃は言いそうになったが、にっこり笑って誤魔化した。
 これは春乃の癖である。にこやかに対応しているときほど、腹の中では物騒なことを考えている。
(コーヒーより紅茶よね。娘の好みくらい調べておけッてんだよ)
 父親と認めていないのに、勝手な言い分である。
「陸海社長、華櫻のことですが…。水ノ宮学園に吸収合併されるという形でなくなると聞きまして、私にはそのやり方が納得できないのです」
「学校側は何と言っているのかね?」
 陸海の質問に春乃は答えず微笑んでいた。
 微笑んでいるが、目は剣呑な輝きを含んでいた。
 目を伏せた春乃は次の瞬間、カッと見開いた。春乃のその目は輝きを増している。
 知らず知らずに、陸海はそれに圧倒された。
 春乃はもう一度目を伏せてから、陸海を見つめる。同じ微笑を湛えながら、陸海を見つめていた。
「説明してください」
「何を?」
「なぜ、華櫻なのかと…」
「あぁ、それはね。あの土地に価値があるからだ」
「あら? 不思議なことおっしゃいますのね。幾重にも抵当権が掛けられているのにですか? 抵当がない状態でもあの土地を売っても、借金は返せないとうのに…。マイナスだらけですよ。それでも価値があると?」
 この少女は何を言いに来たのだろうか。
 陸海は不思議に思った。
 このことで華櫻の負債はなくなるというのに何が不満なのか。手放すものといったら、華櫻の救いようのない看板とオンボロ校舎と荒れ果てた土地だけで、ありがたい話ではないのか。
「華櫻の桜は綺麗だね。桜は日本人の心だ。値がつけられないと思うよ。君は思わないかい?」
「思いますわ。私は華櫻の桜に心奪われている一人ですもの。でも、疑問に思いますの。なぜ、来年度の四月から華櫻の生徒を水ノ宮に通わせるのか…。今の一年が卒業するまで待てばよろしいんじゃなくて? 何もわざわざ、水ノ宮の評判を落とすようなことなさらなくてもいいと思います。負債も悪評も、華櫻の桜と引き換えにしてもいいとおっしゃるのですか?」
 陸海は緊張した。
 玩具を取り上げられた子供が返してと駄々をこねているようなものと思っていたのだ。それが、今になって違うことに気が付いた。
 子供だと思っていると、足元をすくわれる。
「思うよ。先程言ったはずだ。値がつけられないと…」
「確かに言いましたね。値がつけられないと…。陸海社長――」
 陸海は大人の貫禄というか、社長を務めているだけあって落ち着いている。しかし、見るものが見ればわかるだろう。けして、そうではないことを…。
 そして、陸海と対照的に落ち着き払っている春乃に…。
 春乃はにっこり笑って、しかし、目だけは笑わずに突き刺す視線を陸海に向けた。
「急ぎ過ぎではありませんか? 華櫻と契約を済ませれば、何も心配するようなことはないと思いますが」
 意味深な視線で陸海を見つめていた春乃は、するりと立ち上がり窓へ歩み寄った。
「貴方は、華櫻の桜は綺麗と言いました。下手に華櫻に手を入れると、華櫻の桜の美しさが損なわれるかもしれません。それに――急ぐと災難に遭うかもしれません」
 春乃の預言者のように確信に満ちた言葉に、陸海は何かが引っ掛かった。
 何かがおかしい。
 彼女は何を考えているのだろか?
 わからない。わからないけどわかる。華櫻を奪うなと言っていることはわかる。
 でも、だから、どうだというのだ。そこまでわかっているなら、華櫻の権限が私の手の中にあるのもわかるはずだ。
 違う。惑わされるな。それはた単なる時間稼ぎにしか過ぎないのだから。
 時間稼ぎして、どうするつもりだ。華櫻はもう私のモノだというのに…。



次へ

戻る

目次
[PR]
by 1000megumi | 2005-08-13 16:30 | 小説 桜幻(完結)