オリジナル小説&エッセイ


by 1000megumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

桜幻 5



 蘭丸は確かに外出中だった。刑事部屋にいる人たちの好奇心な視線の中、春乃はズーズーしくも、その刑事部屋で待たせてもらうことにした。応接室でと言われたが断った。下手すると蘭丸に逃げられるからだ。
 蘭丸は春乃を見ると、しまった! やられた! という顔をしたが、すぐにいつものおちゃらけに戻った。
「春乃。どうした? 久しぶりだな。そんな恐い顔しているとせっかくの美人が台無しだぞっ♪」
 歌うように話しかけてきた蘭丸に、とりあえず微笑んだ。
「本当に久しぶりね。連絡取りたくても取れなくて困っていたのよ。蘭丸ったら私のこと避けているんですもの」
「仕事が忙しくてね。寂しい思いをさせて悪かったな」
 先程とは違い、二枚目を演じる蘭丸に春乃は冷笑で応えた。
「あら、寂しくなんかなかったわよ。退屈しのぎの男はいくらでもいるの」
 みんな聞き耳を立てている。面白がっているのか、呆れ返っているのか。
 春乃は華櫻の制服であるセーラー服を着ているし――これなら一発で学生と判る――顔は童顔だから、なおさら言っているセリフとのギャップが感じられるのだろう。
「春乃はもてるからね」
「蘭丸もね。あぁ、それで忙しかったのか。仕事なんて格好つけないで、デートで忙しいって素直に言えばいいのに。独身最後の春を楽しんでいたのね」
「おぢさんは真面目に仕事していたぞ」
「ウソはドロボーの始まりでしょ? 刑事なのにいいの? 相棒の綺湖さんとは連絡取れるのに、なぜ、蘭丸とは連絡取れないのかしら? 正直に認めたら? 私のことを見捨てて、女にうつつを抜かしていたって」
「人聞きの悪いこと言うな」
「言わせないでよ」
 春乃の正面から蘭丸に微笑んだ。
「ゲームオーバーにならないうちにゲームの本戦始めるから、手持ちのカードを見せてちょうだい」
「勇ましいな、春乃は…」
「蘭丸がいつまでも逃げているからでしょ」
「後でゆっくり聞くから…」
「いやよ、後でなんて」
「仕事中だから、終わったら家に行くから。な?」
 どうにか宥めて春乃を帰そうと、機嫌を取るように優しげに蘭丸は話しかける。
「終わるまでここで待っている」
「家で待ってなさい。終わったら必ず行くから」
「私のことは気にせずにお仕事していいわよ。おとなしく、ここで、待っているから」
 春乃は引く気はなかった。
 ここに来たのも、ここにいるのも、周りを巻き込んで蘭丸から情報を引き出すつもりでいるからだ。そうでもしないと、蘭丸はのらりくらり逃げ回るだろう。上司の許可を取り付けて、仕事中の蘭丸を借り出すつもりでいる。
「春乃。分別のわかる年齢だろう? そうゆう我儘は言わないでくれ」
「蘭丸信用ないもん。電話一本寄越さないじゃないっ。絶対ここで待っているッ。それがダメなら、サクサク白状しなさい!」
「春乃、話は後でゆっくり聞くから…」
「蘭丸冷たい! もしかして、戦線離脱する気なの? そんなの許さないからね!」
「春乃。落ち着いて…」
 徐々にヒステリックになる春乃の扱いに蘭丸は困った。それが、演技だとわかっているが周りはそうだとは取らない。人がいなければ無視するところだが、それは出来なかった。
「大体蘭丸はッ!」
「桐島、こちらのお嬢さんは…?」
 さらに言い募ろうとした春乃は、割り込んできた声にラッキーと内心喜んだ。
「――親戚の子です」
「桜城春乃と申します」
 春乃はにこやかな笑顔で挨拶をした。
「君は中学生かな?」
「高校生です」
「ここがどういう場所がわかるよね?」
 諭すように話しかける男に春乃はわかっているというように頷いたが、チャンスだとしか思っていなかった。これで爆裂トークの爆弾発言で、春乃の思っているところへ転がるはずだ。
 この男に絡んで、蘭丸を借り出してやる!
「いったん応接室にでも…」
 とりあえず刑事部屋から引き離そうと言い出した男に、春乃は訴えかけた。
「別に仕事の邪魔するつもりはないんです。みなさんに迷惑かけるつもりだってありません! けど、蘭丸が、全然連絡くれないんでよ。こーするほかないじゃないですか! 私がこの一ヶ月もの間、どんな思いでいたのか、この男は、全然わかってないんですよ!」
 ガシッと男のスーツの二の腕部分を握り締め、蘭丸を指差しながら唾を飛ばす勢いで喋り続けた。


次へ

戻る

目次
[PR]
by 1000megumi | 2005-05-21 14:16 | 小説 桜幻(完結)

桜幻 4



 春乃の表情から何も読めなかったが、考え込んでいるのはすぐにわかった。ただ、話してくれるのか、話すとしてもどこまでか、そのところはわからない。
 話すべきかどうか迷っている。
(俺って頼りないのかねぇ。役に立ちたいって言うのに)
 そんな杉原の気持ちも知らず、春乃は無表情のまま。
 手持ちのカードはまだ見せたくない。春乃にはその気持ちがあった。
 すると杉原に話すことは残らない。では、どうしましょうになってしまうのだ。知らない、知らなかっただけで納得するような相手ではない。
 まだ、カードは揃わないから見せたくない。揃っても見せられないかもしれないから、余計に見せたくない。
「おまえ一人で背負い込む気か?」
(背負い込んでやるわよ。何も出来ないお母さまの代わりにね)
 紅茶を飲んで答えようとしない春乃に、説教みたいなクサイ言葉を杉原は言う。自分らしくないと思いつつも。
「春乃。これは俺たちの問題だ。華櫻だから入れて、華櫻だから出られる。ここだから三年間、俺たちでも楽しく遊べる。おまえだけの問題じゃない。俺たちの生徒の問題だ。おまえ一人で背負い込む必要はない。これからどうしたらいいか、どうするべきか、考え、結論を出し、行動するべきだろう? バラバラに動いても意味がない。意味のない動きは、力にならない。だから――」
 最後まで喋らせなかった。
 小さな声だったが、威圧的な声で不機嫌そうに言ったのだ。
「勘違いしないで」
 はっきりと。
「これは桜城家の問題よ。華櫻の生徒の問題じゃない。生徒に選ぶ権利はない」
「本気で言ってんか」
「厭なら、やめればいい」
「おまえだって華櫻の生徒だろ」
「確かに――でもね。ここに来た理由は、次期理事長として学校を生徒の立場から見るためよ。おじいさまの遺言でね。なくなるのも時間の問題で、継ぐことはありえないから、ここの生徒でいる理由はないわけ。でも、桜城家の跡継ぎとしての立場があるから、できるだけのことはするけど」
「おまえが継ぐの継がねぇの、それこそ、おまえんとこの問題だ。今は同じ立場だろ? おまえも俺たちも同じだろ? 同じ華櫻の生徒で、同じ非力な高校生。だけど、非力ながらもやろうと思えばできる。そう思わないか?」
「同じ高校生なのは認めるわ。非力でもやろうと思えばできるのも認めるわ。だけど、同じ華櫻の生徒でも、私はそれだけじゃない」
「春乃ッ」
「これは桜城家の問題よ」
 そうよ、桜城家の問題なのよ。
(華櫻の土地は誰にも渡さない)
 強く、春乃は自分に言い聞かせた。

 昼休みに春乃は蘭丸に連絡を入れてみた。携帯電話とマンションの方は相変わらず出る気配はなく留守番電話に切り替わってしまう。職場にかけても外出中と言われ、折り返し連絡するよう言伝を頼んだがかかってこなかった。ここ一ヶ月くらいこの調子で、連絡が取れなかった。
 のんびり待っているような状況ではないので、蘭丸に迷惑かけようがどうなろうが知っちゃこっちゃない。春乃は強気に出ることにした。
 何か知っているのに教えない蘭丸の態度は薄々気づいていた。でも、今はそんな蘭丸の態度に付き合っていられない。
 警視庁捜査一課の刑事部屋のドアの前で深呼吸した春乃は、ノックすると元気よくドアを上げた。
「こんにちは。お忙しい中お邪魔してすみません。桐島蘭丸いますか?」
(さぁ、出て来い蘭丸。逃げられないぞッ)



次へ

戻る

目次
[PR]
by 1000megumi | 2005-05-10 09:58 | 小説 桜幻(完結)

桜幻 3



 その言葉は聞かなかったことに出来ないだろうか?
「春乃、答えろッ」
 覚悟は出来ている。
「春乃!」
 答えはまだ出ていないのに。
(仕方ないかぁ…)
「知らないわ」
「知らない?」
 そう、知らない。まだ答えは出ていないから、どうなるかわからない。なくなるけど、それがいつになるか、春乃は知らない。
「ねぇ。知っているのは、杉原さんだけ?」
 チラリと杉原は春乃を見ると、口元だけで笑った。
「本当なんだな。――春乃、きっと噂でパニックになっているぞ。おまえ、フクロにされなきゃいいがな」
 みんな知っているのか。
 どうしよう。まだ、その時期じゃないのに。
 覚悟しなければ。ああ、覚悟は出来ているのか…。どうしよう。まだ、蘭丸と連絡取れないのに。まだまだ、困るのに。動き出せないから、まだ、ダメなのに。
(でも、結構遅かったかな?)
 春乃にその情報が入ってから、五ヶ月近くたっていた。
「ハルッ!」
 教室の窓から威勢よく呼ばれた。
 確かに、パニックになっている。
「杉原さん」
 前を向いたまま春乃は言う。いつものように、何でもないような声で。面白くもないような表情で、淡々と。
「奇跡だったのです。今まで残ってきたのは。杉原さん、桜は――散ってもまた咲きます」
 桜は時期が来れば咲く。今が、凍りつくような寒さでも、春が来れば咲く。満開の桜の下で笑うのは…私、あの人じゃない。絶対に、それだけは許さない。
「ハル、学校なくなるのか?」
「おまえ知ってたんだろッ」
「本当のことか?」
「どうなるんだよッ!」
「ハルが知らないわけないねぇーもんなぁー」
「何で黙っていたんだッ」
「本間が言っていた『死活問題』ってこのことだったんッ?」
「教えろよッ」
 校舎に入ると早速取り囲み、早口に言う連中に一言。
「うるさい」
 ピタリと一時停止したが、すぐに動きだろうとした。
「騒がしい」
 もう一言春乃が言うと、動くに動けなくなった。
「情報集めてちょうだい。それ以外は勝手に動かないで。後で不利になるかもしれないから」
 完全に機能停止した連中を尻目に校舎を突き通り、荒れ果てた温室に入る。
 春乃が入学してから使えるように手入れしたので、前よりずいぶんマシになったが、長年使われていかったこともあって、あちこち傷んでいる温室は、立ち入り禁止には変わりない。
 ここには桜の植木鉢がいくつかあり、春乃の好きな場所でもあった。
「さすがだな」
 籐に椅子に座り込む春乃に杉原は言った。
「連中の扱いを心得ている」
 ありがとう。嬉しくないけど褒め言葉として受け取っておくわ。
 心の中で呟きながら、春乃は攻撃的な視線を杉原に送った。
「ゴマすっても何も出ませんよ」
「そうか、残念だな」
「ウソおっしゃい。座ったら?」
「お言葉に甘えて」
「私なら気になさらなくて結構よ」
「失礼」
 タバコを取り出すと咥え、杉原は火をつけた。
 その様子を厭そうに春乃は見ている。
 杉原が携帯用灰皿を取り出し、そこに灰を落とすのを見届けると、春乃は立ち上がり温室の奥に消えた。
 杉原がタバコを吸い終わるころ、ティーカップを二つ乗せたお盆を持って戻ってきた。テーブルの上にカップを置き、紅茶を勧める。
 春乃が椅子に座るのを確認してから、杉原はカップに手を伸ばし、一口飲んでから言った。
「校長から何を聞いている?」
「何も聞いていないわ」
「はい、そうですかって、納得できると思うか?」
 春乃は何も答えなかった。
「仮に校長から何も聞いていなくても、おまえは知っているはずだ」
 少しも春乃は顔色を変えなかった。


次へ

戻る

目次
[PR]
by 1000megumi | 2005-05-04 10:38 | 小説 桜幻(完結)

桜幻 2



「ハルッ!」
 校舎の裏に広がる桜林はいろいろな桜が植えてある。春に咲く桜でも時期が微妙に違うし、春以外の季節に咲く桜もある。一年中どこかで桜が咲いているといっても過言ではない。
 桜を愛でる春乃は声をかけられた。
「ハルッ」
 頭を金髪にした、制服をだらしなく着込んだ男が駆け込んできた。
「ハル。益子が北高に拉致されたッ」
(はいはい、北原高校に人たちに誘拐されたのね。それで、私にどうしろって言うの?)
 春乃は振り向きもせず、桜を見上げている。
 男は春乃の無言に苛立ったらしく、声を荒げた。
「ハルッ!」
「うるさいわね。北高に益子たちが捕まったんでしょ? それで?」
「! それでって、捕まったんだよッ」
「本間、言いたいことは完結に言いなさい」
「言いなさいって、おまえは冷たいヤツだなッ!」
 わかりきったこと聞くな。冷たいのは誰でも知っているぞ。
 口に出さないが目で言い返す。
「助けないのかよ」
「本間が助ければいいことでしょ?」
「オレがぁ? ハルが頭だろ? 指揮取れよ」
「いつ、誰が、頭になったの?」
「おまえなぁ――」
「私はそれどころじゃないの。死活問題抱え込んでいるのよ。私のこと巻き込まないでちょうだい」
「――――」
 本間は何か言いかけたが、プィッと、校舎の方に戻った。
 ちょっと言い過ぎたかな? まっ、いいかぁ。言っちゃたもんは取り戻せない。こぼれた水だもん。仕方ない。
 益子も気になるけど、所詮ガキのケンカ。死活問題のほうが、重大問題だ。
(でもなぁ、蘭丸と連絡取れないんだし…)
「チッ!」
 舌打ちすると春乃は校舎へ向かった。
 冷たいといっても仲間を見捨てるほど冷たくはないのだ。

 翌朝、春乃が桜を眺めていると、一つ年上の杉原がやって来た。
 杉原は何も言わずに春乃の隣に立ち、同じ桜を見上げていた。
 春乃はホームルームの始まる二十分前には学校に来ている。教室に鞄を置き、桜林を散策する。晴れている日はもちろん、雨の降っている日も。五分前の予鈴が鳴ると教室に戻る。
 予鈴が鳴り教室に戻る途中、杉原は春乃に話しかけてきた。自分の世界に没頭する春乃を知っているから、予鈴が鳴るまで話しかけるような無粋なことはしない。
「呼び出しかけといて、連絡くらい入れろよ」
「――――」
 昨夜の救出作戦のもしもの時に備え、念のために人が動かせるように杉原に頼んでおいたのだ。皆が計画通りに動き、無事に終わったのだが、そのことを連絡しなかった。
「心配してたんだ」
「どこにいるのか、見当つかなかったから…」
「ウソつけ」
「ごめんなさい」
 春乃は素直に謝った。
「まぁ、いいよ。思いがけない情報を仕入れたから」
 予感。
 そう、予感としかいえない。なぜか、なんとなく、それがわかるような、厭なことが起こるような、奇妙な気分。何かがやってきて、そして――、だから、覚悟を決めるような、そんな気持ちの切り替えを無意識にやってしまうような…。
(出来れば、まだ聞きたくない。まだ、カードが揃わないから)
 でも、聞くことになる。だぶん、これも予感。目に見えない何かが、じわりじわりやってきて、体に絡みつくような、厭でも無理矢理それを見て、それを聞いて…。
「春乃。正直に答えろ」
 あぁ、聞きたくない。まだ、その時ではないから、だから…。
(言わないで)
 全てが片付くまで何も言わないで。何も聞かないで。まだ、ダメ。まだ、何も出来ない。だから――。
(――知らないふりして)
 でも、いくら願っても無理だろう。杉原は春乃に言うのだろう。杉原は春乃に問うだろう。
 知っていたのか、何故なのか、どうなるのか。
 彼は春乃を責めるだろうか?
「この華櫻がなくなるって、本当か?」
 杉原の声は桜に吸収される。


次へ

戻る

目次
[PR]
by 1000megumi | 2005-05-02 10:39 | 小説 桜幻(完結)

桜幻 1



「――――」
 あまりにも突拍子なことを言われたので、春乃は絶句した。
 気を取り直して。
「何ですって?」
「おまえの華櫻が吸収合併されるのさ」
「どこに?」
「水ノ宮学園」
 蘭丸はあっさり答えた。
「何で水ノ宮学園が華櫻を?」
「俺が知るわけないだろ?」
 蘭丸の答えに春乃は綺麗な眉をクィッと上げ、もっとマシな返事をしろっという意味合いのシグナルを送った。
「ガセネタじゃないの?」
「水ノ宮と華櫻じゃ、ガセネタの組み合わせにならないだろ?」
 嫌そうに眉間にシワを寄せる春乃。
 確かにガセネタにもならないような組み合わせと言えた。
 七年前に出来たとはいえ、有名私立水ノ宮学園の高等部と、歴史はあるが今は落ちぶれ、不良の巣窟・ヤクザの予備軍学校といわれている私立華櫻高等学校との組み合わせ。
「噂になっているのだから、本当なんだろ?」
「蘭丸の考え方はわからなくもないけど…それにしても――水ノ宮の理事たちは何やっているのかしら? バカじゃない? 有名私立校だって言うのに、評判落とすだけじゃない。私だったら、もうちょっとマシなところにするわっ!」
「おまえの視点って変わっているな」
 春乃はニヤリと笑い、心の中で答えた。
(ありがとう、蘭丸。でも、あんたも十分変わっているわよ)
 桜城春乃。只今、十六歳の高校二年生。童顔の愛らしい顔立ちに、大人びいた目。サラサラするストレートの髪の毛が腰まで覆い、華奢な感じがするほど体の線が細い。
 桐島蘭丸。二十七歳の独身。蘭丸は春乃の祖父の従兄弟の子供。つまり、春乃の母親の再従姉弟である。もともと子供の頃から可愛げのなかった蘭丸は、今は二十七歳という年齢が中身に追いつき、年齢相応に見えるようになった。縁なしのメガネが似合い、外見は秀才・エリートのイメージが漂うが商社マン風だが、中身は全然違う。不真面目でおちゃらけている。その性格で、刑事をやっているのが不思議だと思わずにはいられない。
 春乃と蘭丸は年齢が離れているが結構気が合い、お互い遊んだり遊ばれたりしている。蘭丸は暇を作っては、家庭教師という名目でちょくちょく桜城家に顔を出している。春乃にとって蘭丸は、勉強を見てもらい、遊んでもらい、買い物に付き合ってもらい、時々貢いでもらうありがたい存在である。
 この日も、前々から狙っていたバックを買ってもらい春乃は気をよくしていた。
 春乃の通っている華櫻高等学校は名前の通り桜の学校である。こんな言い方はおかしいが桜の学校が一番わかりやすい。門から校舎に伸びる桜並木も、校舎の後ろに広がる桜林も春には一斉に花が咲き見事である。この学校唯一の自慢が桜。その桜だけが自慢の学校は桜城家のものである。春乃の母親、桜城春菜が理事長。初代は春乃の曾々祖母。学校も桜城家も長女が受け継いできている。一人娘の春乃も近い将来やりたくもないけど、母親のやっていることを継がなければならない。別に親の職業を継がなければならない法律はないのだから、継がなくてもいい。だが、春乃にもいろいろと事情というものがある。
 うまくやればボロ儲けできる商売だから。
 無理矢理納得している部分もある。
 しかし、今は立派な赤字経営。
 華櫻は八十五年の歴史を持つ学校で、初めは女子高であった。初代と二代目は、見事に動乱の時代を乗り越えたが、三代目・春乃の祖母は何をどう判断したのか、良妻賢母の方針を打ち出し、赤字経営に向けて第一歩を踏み出してしまった。女性が仕事に、世界に進出する世の中に変わってしまった数十年前から、良妻賢母は時代遅れで、そんな学校には生徒が集まらなくなる。生徒減少に伴い、赤字経営まっしぐら。そして、莫大な借金を残して六年前に三代目は亡くなり、四代目・春乃の母が理事長を引き継いだ。このままだとダメだと思った四代目は、華櫻女子高等学校から華櫻高等学校に名前を変え、共学にし出来るだけ自由にした。それも間違いの元だったのかもしれない。自由は混乱と廃退を招いた。悪名を轟かせるようになり、悪名はさらなる悪名を引き寄せ、ヤクザの予備軍高校と呼ばれるようになったのだ。
 春乃は五代目として救世者となる予定であったが、あくまでも予定だ。予定は未定、常に変わるもの。
 春乃にとって学校自体がなくなるのは、 面倒ごとが減ったくらいにし思わない。
 しかし、桜城家にとって大切なものがなくなるのを、黙って見ているわけにはいかなかった。


次へ

戻る

目次
[PR]
by 1000megumi | 2005-05-01 09:45 | 小説 桜幻(完結)