オリジナル小説&エッセイ


by 1000megumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

悪女 1



 メッタ刺しの殺人事件が発生してから一週間。捜査は意外と簡単に終結しそうな雰囲気であった。
 容疑者として事情聴収を受けていた女子高校生が犯行を認めたからだ。
 サバイバルナイフをインターネットで購入し、夜十時ごろ被害者が一人暮らししているマンションに行き、被害者が帰宅するのをひたすら待っていたという。帰宅直後に部屋を訪ね、上がり込むなり刺した。そのように、自供した。
 動機については一言も話していないが、落ちるのは時間の問題だろう。
 それが大半の見方だ。
 被害者の大学生と容疑者の女子高校生との関係がつかめていなかったが、友人に紹介されたかナンパされたか、もしくは出会い系サイトで知り合ったか、どれかだと推測されていた。あれだけ刺しているのだから、よほどの恨みがあったに違いない。それなら周りの家族や友人が、ある程度は動機となる何かを知っていてもおかしくない。
 証拠は簡単に集められそうで、捜査本部は緊張から解放されていた。
 だが、簡単には終結しなった。

「南条、来てくれないか」
 容疑者の取調べをしていた笠間から声をかけられた南条綺湖は、おやっと思った。
 笠間には嫌われているので直接声をかけられることはなかったからだ。
 何事かと思って綺湖は近寄った。
「頑なでな、どうもオレじゃあ、無理みたいだ。南条はどうだ? 同じ女だろ、落とせるか?」
 嫌なヤツ…と、綺湖は思った。
 同じ女。それに、どんな意味を込めてこの男は言っているのだろう。
 犯罪に男も女もない。同様に、容疑者を落とすのに、男も女もない。どれだけ相手の心に入り込めるか。
 笠間には無理だと綺湖は始めから思っていた。
 容疑者の心理が見えていないからだ。
 綺湖の推測が正しければ、容疑者はレイプされている。それが動機だと、感じていた。
「どうでしょう。やってみないことにはわかりません」
「ちょっと、やってみるか?」
 やってみるか? じゃなくて、代わりにお願いしますだろ、と綺湖は内心突っ込みを入れる。
「そうですね、条件を飲んでくださるのでしたら…」
「条件?」
 胡乱な視線を隠しもせず笠間は綺湖を見た。
「ええ、条件」
「何だ」
「取調べ中は男性立ち入り禁止」
「おまえ…、何か知っているのか?」
「さぁ、何も。笠間さんみたいな怖い顔がいたら、言いたくても言えないのではないかと思って…」
「──わかった」
 不機嫌そうな低い声だった。



次へ

目次
[PR]
by 1000megumi | 2005-09-24 20:31 | 小説 悪女(連載中)