オリジナル小説&エッセイ


by 1000megumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

悪女 目次



警視庁の一課に所属する南条綺湖は、担当を離れた事件のことで独自に調査していた。
それは事件の容疑者であり被害者でもある少女に何かをしてあげたかったからだ。
何も出来ず、自己満足に過ぎないとわかっていたが、綺湖の過去が行動を突き動かす。
そして、一人の男と出会い、思いもよらぬ事件へと進展する。



  



南条綺湖(なんじょうあやこ)
   警視庁の捜査一課に所属。
   過去の出来事で、モノの考え方が刑事としてズレている。

南条修一(なんじょうしゅういち)
   綺湖のイトコで四課の課長。

長谷川(はせがわ)
   富樫組の準幹部。
[PR]
# by 1000megumi | 2010-04-08 08:48 | 小説 悪女(連載中)

悪女 3

 綺湖が取調べを始めて五日目。
 奈津美は泣いた。
 青ざめ、振るえ、恐怖に慄き、泣いた。

 八日目。
 奈津美は罵った。
 激情に身をまかせ、般若のごとき形相で、理不尽に怒り、罵った。

 話す奈津美もつらかったが、聞いている綺湖たちもつらかった。仕事とはいえ、つらかった。
 ただ、話し終えた奈津美が。
「ちょっと、すっきりした。ちょっとだけだけど……」
 その言葉が、綺湖たちにとって、救いだった。
 奈津美の心をこじ開けたことは、無駄ではなかったと、思えたから。

 その後は、処理の仕方で揉めた。
 強姦されたことをどう考慮するか。
 奈津美はそのことで裁判を起こすことも可能であり、殺人事件の裁判でも持ち出される可能性もある。奈津美が伏せておきたいというなら状況も変わってくる。
 検事の人柄によってまた、状況も変わるだろう。

 綺湖は奈津美の担当から外れた。
 奈津美のことは刺さった棘のように、綺湖の心を痛めた。
 彼女に何をしてあげられるだろうか。
 現実には何もしてあげられない。それくらい、わかっていた。
 だけど、綺湖は何かしたかった。
 だから、奈津美をレイプした犯人を捜し続けた。ただの自己満足に過ぎないとわかっていても。
「綺湖」
 警視庁で綺湖を名前で呼び捨てにする人の数は少ない。父兄及び親戚、数名ほどしかいない。
「何ですか? 修一兄さん」
 兄さんと呼んだが兄ではなく、十三も年上の従兄だ。強面の四課の課長である。
 手招きに応じて四課に入ると、修一を含めて三人しかいなかった。
 修一は椅子に座ると、膝の上に綺湖を座らせた。
 ジロジロ眺めた後、呟いた。
「うーん。いつ見ても美人だな」
 身内の贔屓目を差し引いても、綺湖は美人だった。こぢんまりとした顔は人形のように愛らしいく整っており、肌は色白できめ細かく、髪は黒々と輝いている。
 実年齢より若く見られるが、捜査上それは軽んじられることが多く難点だ。
「セクハラですよ」
「イトコでもか?」
「父でも兄でも、職場でも家でも」
「怖いな……」
「四課の刑事が?」
「四課の刑事でも」
「父が? 兄が? それともセクハラで訴えられるのが?」
「可愛い小悪魔が」
「それは、誰のことですか?」
「俺の目の前にいる……」
 綺湖は睨みつけだが、修一はヘラヘラ笑っていた。それは四課の強面には見えず、スケベ親父そのものだ。
「……用件を、伺いましょうか」
「うん? ああ、何を嗅ぎまわっている? 只見課長は知っているのか?」
 綺湖は考えるフリをした。
「四課の領域に踏み込むような事件にはかかわっていませんが?」
「アビー。あの店は麻取も張り付いているぞ」
 知っていたのか? 問われて、答えずに考えていた。
 四課の刑事全員を覚えてはいなかったが、そんな感じのする人がいたのは確かだ。それ以外に判断のつかない人がいた。たぶんその人が麻薬取締官なのだろう。
「二度と行くな」
「仕事の邪魔はしませんよ。プライベートですから……」
「そうじゃなくて……」
 困ったように修一は唸り、じっと綺湖を見つめた。ヤクザも怖がる、抉るような視線で。
 しかし、綺湖には通用しない。長年の付き合いのせいか。
 理由もわからずに引く気がないことを見取ると、修一は盛大にため息をついた。
「カウンターに座っていた男、話しかけてきたほうじゃない。その男、覚えているか?」
「ええ、三十前後……」
「富樫組の準幹部だ。綺湖に興味持ったようでな、だから、近づかないで欲しい」
「私は話しかけてきた男の方に用があるのです。他の男にではありません」
「そいつは、子飼いだ。長谷川が絡んでくる」
 その男は長谷川というのか……、使えるかもしれない。
 綺湖は修一のミスを有難く思った。



次へ

戻る

目次
[PR]
# by 1000megumi | 2010-04-08 08:43 | 小説 悪女(連載中)

桜幻 目次



桜の美しい、華櫻高等学校。
理事長の娘・桜城春乃は、学校が吸収合併される噂を聞く。
校舎裏に広がる桜たちを守るためにも、
阻止しようと画策し、買収した陸海と対立する。


プロローグ          10
11 12 13 14 15 16 17 18 あとがき





桜城春乃(おうじょうはるの)  
   華櫻高等学校2年。理事長の娘で跡取り。

桜城春菜(おうじょうはるな)  
   華櫻高等学校の理事長。春乃の母。

桐島蘭丸(きりしまらんまる)  
   警視庁の刑事。春菜の再従姉弟。

杉原(すぎはら)         
   華櫻高等学校3年。ヤクザの息子。

陸海(くがみ)           
   水ノ宮学園の理事。陸海クループのトップ。

狭間(はざま)          
   陸海の部下。
[PR]
# by 1000megumi | 2008-11-04 09:33 | 小説 桜幻(完結)

桜幻 あとがき

 ようやく終わりました。長かった(笑)
 書いたのはずいぶん前で、更新するのが遅かったです。連載開始が2005年4月!? と自分でびっくりですし……。結婚する1年以上も前からだったんだー。転職して忙しくなったから? 結婚の準備で忙しかったから? などと言い訳が浮かんできますね。
 さて、この桜幻、何が書きたかったのか自分自身でさえわかりません。不思議系のお話が書きたかったのかな? と想像してみる。元は、高校生の頃に書いたもの、だったような気がするし……。埋め込んで、吸い取って、花開いて、散る……このシーンを書きたくて、のような気がしてきたぞ。うん、たぶんそれだ!
 他にも書きたいものとかあり(特に不思議系ですね)、気ままに書いて、のろい速度でもUPしていきたいと思います。必ず完結! をモットーにしてww
 とにかく、完結できてよかったわ。
 お付き合いくださいまして、ありがとうございました。


                                         千めぐみ




戻る

目次
[PR]
# by 1000megumi | 2008-11-04 09:29 | 小説 桜幻(完結)

桜幻 18

 いつもののどかな昼下がり。
 漂う紅茶の香り。
 絶え間なく響く少女たちの笑い声。
 不意に現れた人物と認めると、サーッと少女たちは温室を出て行った。
「噂は健在ってわけだ」
「そうみたいね」
「この際、事実にする気ないか?」
 春乃はちらっと杉原を見ただけでそれに答えず、違うことを話し始めた。
「陸海の奥さまに泣きながらお願いしたのがよかったのかしら? 華櫻の土地をいただけたの」
「曰く付きのようだし、厄介払いってところだろ?」
「合併も白紙にされたし、落ち着くとこに落ち着いたってことかしら?」
「そうそう、うちの親父が理事になるとかっているぞ」
「名実ともにヤクザの予備軍校」
「やり方さえ上手けりゃ、儲かるとか言っているしな…」
「誰が経営しても別にいいけど、掘り返すことはしないでね」
「それって…」
「白骨がゴロゴロ出てきたら大騒ぎでしょ?」
「……墓場かよ」
「桜の名所なんてそんなものよ」
「そうか…」
「そうよ。調べてごらんなさいよ。戦地だったとこって、結構多いのよ」
「ふーん。まぁ、祟りには相応しいな」
 テーブルに上に広げてある週刊誌の見出しを目線で指した。
 内容は、水ノ宮学園の理事長だった陸海を皮切りに、関係者が次々と変死している。華櫻高校を買い取り、桜に手を入れようとしたための祟りじゃないかと、いい加減な逸話を交えて書かれていた。
「あっ…」
 不意に何かを思い出したらしく、春乃は声を上げた。
 何だ? という表情で見つめてくる杉原に春乃は言った。
「私と付き合いたかったら、蘭丸の許可をもらってね」
「蘭丸? 誰だそれ」
「親戚。兄みたいな存在かな? お母さまの再従姉弟なんだけどね」
「保護者にご挨拶ってわけか…」
「警視庁にお勤めの刑事なの~」
 楽しそうに言う春乃を、杉原は嫌そうな顔で見つめた。


                                       END


次へ

戻る

目次
[PR]
# by 1000megumi | 2008-11-04 09:10 | 小説 桜幻(完結)